レイヤー・その3


《レイヤー・その3・・・いよいよ描くぞ! そろそろ本気出すぞ!》


もくじ



レイヤー・2 の続きです。


 ではいよいよ細かくやっていきます。まずはこのピンク色を変えましょう。

 ネコの輪郭が入ったレイヤーを選び、矢印ツール

 で輪郭を選択します。続いて画面左下『フィル』(下図、コレ。1)色の部分をクリックします。すると画面右上カラーバー(下図、コレ。2)が現れます。そこから色を選びます。 ここではクリーム色を選びました。

『不透明度』(下図、コレ。3)は30%ぐらいで。



茶虎


 まずは『茶虎』から編集します。レイヤーウィンドウから『茶虎』を選択します。(下図、コレ。1)拡大して見ると……。ちょっとノードの数が多すぎますね……。消しましょう。消す時は、ノードツール(コレ。2)消したいノードを選択して

ノードを削除する

または、

普通に、『back space』で……。


ハンドルを出す。


ハンドルを出すには、出したいノードを選択してから『shift』を押しながらドラッグします。鋭角的な線を描きたいときは、ノートツールの……


『ノードの種類をシャープに』(下図、コレ。)

を使うとそれぞれのハンドルが左右独立して動くため、好きなだけ鋭角が作れます。

茶虎のおでこあたりのギザギザに合わせて、まあまあ細かく調整出来ました。



続いて『茶虎』の中の『柄』を編集します。レイヤーウィンドウから『柄』レイヤーを選択します。(下図、コレ。1)『不透明度』は40%ぐらいでいいと思います。(下図、コレ。2)やり方は『茶虎』と一緒。

柄に合わせて、これもまあまあ細かく調整出来ました。



続いては『目』。レイヤーの『目』を選択して、アップにします。すると……。

 線がガタガタ……。これもノードが多すぎるせいなんです。減らしましょう。減らしながら、写真の線に従って、ハンドルを使って微調整すると……。


ここまでスムーズになりました。


次に『白目』を編集します。レイヤーウィンドウから『白目』のレイヤー(下図、コレ。2)を選択して、目玉と鍵を

にしてから

白目のオブジェクト(下図、コレ。1)を選択します。

オブジェクト!!

そう、『白目』ペンツールじゃなくて『円ツール』で描きました。だから白目『パス図形』ではなくて『オブジェクト』なのです。オブジェクトにはノードがありません。だから形を細かく変えられません。そこで……。


ノードツール『オブジェクトをパス画像に変換』

を使います。

(下図、コレ。1)


すると円ツールで描いた白目のオブジェクト

パス図形に変換されました(下図、コレ。2)

しっかりノードが4つありますね。

あとはこのノードを使って、写真の目の形に出来るだけ近づけます。


同じやり方で、『黒目』もやってみました。ちょっと、並べて見てみましょう。


お!視線が定まってきましたね。

続いて目の色を整えます。


 レイヤーウィンドウから『黒目』レイヤーを選択して、shiftを押しながらクリックして両目を選択します。そして画面左下『フィル』色の部分クリックして (下図、コレ。1) 画面下のカラーバーから好きな色を選択します。今回はこげ茶色にしてみました。


 『白目』『黒目』と同じように、shiftを押しながらクリックして両方の白目を選択して、『フィル』クリックした後、カラーバーから色を選びます。今回は黄色にしてみました。

グッと目っぽくなってきました。


さらにネコ独特の目力を加えるために、『白目』縁取りを入れたいと思います。両方の『白目』を選択した状態で、今度は『フィル』の下の『ストローク』を選択します。

フィルとストローク

*フィルとは・・・

音楽で即興などで空白を埋める事を『フィル』と言います。つまりこの場合、『みっちりと空白を満たすモノ』=『面』を表しています。

*ストロークとは・・・

テニスなどの球技でボールが行ったり来たりする事を『ストローク』と言います。またはエンジンのシリンダーの動きもストロークと表現されます。つまりこの場合、『繰り返し同じ場所を動くモノ』『線』を表しています。


ストローク(下図、コレ。1)選択 すると、右上のウインドウ『フィル/ストローク』になり(下図、コレ。2)7つのメニューが現れます。


フィル/ストロークの7つのメニュー


 ストローク均一に色を付けるには一番右の『単一色』(上図、コレ。2)を選びます。



ん~、これはちょっと目力あり過ぎ……。狸みたい。もうちょっと線を細くしたい。


ストロークの太さの調整。


ストロークの太さを調整するには、画面左下『ストローク』右にある数字

『右クリック』

します。

プルアップメニューから線の太さが選べます。

単位は、

px(ピクセル) mm(ミリメートル) pc(ピース) pt(ポイント) in(インチ) cm(センチメートル) の6つから選べます。



 ここでは『px(ピクセル)』を使って2ピクセルにしてみました。

うん。ちょうどいいと思います。


次のレイヤー・その4では、『鼻』と『耳』と『ぼかししわ』をやってみます。


レイヤー・その4

2つのノードを1つに結合。


《2つのノードを1つに結合・・・One Love,One Heart. そして世界は一つになった。》


ノードを2つ選びます。(下図、コレ。1)そして、2つを1つボタン(下図、コレ。2)をクリック。


1つになりました。



1つのノードを2つに分割。


《1つのノードを2つに分割・・・あ、分割でお願いします。》


 ノードを一つ選択します。(下図、コレ。1)そして1つを2つに分割ボタン(下図、コレ。2)をクリック。


すると選択されたノードが、こんなな感じ、二重の四角になりますので、それをそっとドラッグすると……、


2つに分割されました。


2つのノードの間の線を削除。


《2つのノードの間の線を削除・・・削除すると『パス図形』が『ストローク図形』になる訳か》


 2つのノードを選択します。今回は、選択した2つのノードの間にもう一つ、ノードが挟まってます。(下図、コレ。1)どうなるか? そして2つのノードの間の線を削除ボタン(下図、これ。2)をクリック。


こうなりました。やっぱりと言うか、予想どおりでした。


2つのノードの間を線で連結。


《2つのノードの間を線で連結・・・ノードとノードをつなぐ架け橋。》


離れたノードを両方選択します。そして2つのノードの間を線で結合ボタン(下図、コレ。)をクリック。


直線で結合されました。


ハンドルを分割。



《ハンドルを分割・・・右と左に同時に切れるのか?どっちに行くんだ??》


 ノードのハンドルを動かしてみます。(下図、コレ。1)まっすぐにしか動きません。線もゆらゆらと歪むだけ……。そこでハンドルを分割ボタン(下図、コレ。2)をクリック。


 選択したノードを中心に、左側のハンドルだけが動きました。


ハンドルを結合。


《ハンドルを結合・・・ハンドルとハンドルを、一体化するのか……。》


『ハンドルの分割』で折れ曲がったハンドル(下図、コレ。)のノードを選択して……、


 ハンドルの結合ボタン(下図、コレ。2)をクリックすると、折れていたハンドルが再びまっすくになります。(下図、コレ。1)その分、曲線の曲がりも変化しました。長い方のハンドルを基準に真っ直ぐになるようですよ。


ハンドルを左右対称にする。


《ハンドルを左右対称にする・・・右にも左にも同じように切れるようにするという事か……。》


わかり易いように、ハンドルの一方を大袈裟に長くしてみました。(下図、コレ。1)その状態で、ハンドルを左右対称にするボタン(下図、コレ。2)をクリックすると……、


こうなります。ハンドルの左右を合わせた長さの中心になるようですね。その様に曲線も変化してます。


ハンドルをスムーズにする。


《ハンドルをスムーズにする・・・ん~、パワステの事かな?》


『ハンドルを左右対称にする』で左右対称になったノードを選択して、ハンドルをスムーズにするボタン(下図、コレ。)をクリックすると……、


こうなりました。 両方のハンドルが短くなるんですね。 曲線もそういう風に変化しました。


2つのノード間を直線にする。


《2つのノード間を直線にする・・・つまり最短距離でつなぐという事か……。》


2つのノードを選択します。(下図、コレ。1)そして、ノード間の線を直線にするボタン(下図、コレ。2)をクリック。


2つのノード間の線が直線に変わりました。