ノードツール


《ノードツール・・・繊細かつ大胆に料理を飾るペティナイフのよう。美しい料理に不味い料理はない、か……。か?》


もくじ



『レイヤー・その2』では色を重ねていく方法を紹介しました。

その結果、写真からこんな絵が描けました。


この酷い絵を、どうやって美しいイラストに仕上げていくのか……。


まずは今の時点で、いくつのレイヤーを使っているのか見てみます。


『柄』『後ろ足』『ぼかししわ』『耳』『鼻』『黒目』『白目』『目』『茶虎』『外郭』『basic』


意外と使うなぁ、レイヤー……。


使わないレイヤーをロック、ブラインドしたところ。

ノードツール


いったん確定した線をさらに細かく修正するには、

『ノードツール』を使います。(下図 コレ。)


ノードツールを選択すると、線の上に『白い点』で表示されます。(下図 コレ。)

これはペンツールで描いた時にクリック(確定)した点です。この点が修正する時の起点になります。


点にカーソルを合わせると……、


お! 角が生えました。この『ハンドル』と言います。ハンドルを動かすと線がグニャグニャと動きます。動きますが……。

『でもなんだか思うとおりにならない。線が言う事を聞いてくれない』

そんな時は……、


<\div>

ノードツール・メニューバー


ノードツール・メニューバー

ノードツールのメニューを使います。


このメニューは全部で15種類あります。

以下のリンク先ではわかり易いように練習用画面を利用して説明します。)


左から、


『新しいノードを追加』

●『座標上にノードを追加』

●『選択したノードの削除』

●『2つのノードを一つに統合』

●『1つのノードを2つに分離』

●『2つのノード間を線で連結』

『2つのノード間の線を削除』

『ハンドルの分割』

『ハンドルの統合』

『ハンドルを左右対称にする』

『ハンドルをスムーズにする』

『2つのノード間を直線にする』

『2つのノード間を曲線にする』

●『オブジェクトをパス図形に変換』

『ストロークをパス図形に変換』


となります。いっぱいありますね……。ウンザリします。

全て使いこなす事はないと思いますけどね……。

しかし、これだけあれば、

描けない曲線はありません!!!


レイヤー・その3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です