カスタマイズ(店の内装)


《カスタマイズとは・・・看板や色も大切だけど、宴会が入ったらパッとパーティションを外せて、親子連れがくればパッと分煙できる、そんなお店がいいな……。》

その4『カスタマイズ(店の内装)』


  • ダッシュボード・・・『親方の部屋』
  • 外観・・・『工具箱』
  • 情報・記事・・・『料理』
  • 商用サイト・・・『飲食店』

まずはサイトの見た目(外観)を作っていきましょう!


 『外観』⇒『カスタマイズ』 の順でクリックすると、こんな画面が出てくると思います。

外観の編集画面

  カスタマイズ(上図、コレ。1)の中にはさらに、8つの項目があります。 


サイト基本情報

ヘッダーメディア

メニュー

ウィジェット

ホームページ設定

テーマ設定

追加css


 では細かく見ていきましょう。


1.『サイトの基本情報』


サイトの基本情報とは?

サイトの一番大きな情報を伝える項目ですね。

飲食店に例えると……、

大看板。(文字)


 項目は4つ。

ロゴ』・・・ロゴマークが入ります

『サイトのタイトル』・・・一番大きな文字が入ります。

『キャッチフレーズ』・・・『サイトのタイトル』 の下に小さな文字として入ります。

『サイトアイコン』・・・ブラウザのタブや携帯に表示される小さな画面が入ります。



2.『色』


色とは?

イメージカラーを塗ります。

飲食店に例えると……、

壁や看板の色。


『ライト』『ダーク』 カスタム』 の3パターン。

 自分色にこだわるなら

『カスタム』を選択します。

 『カスタム』を選択すると細いパレットが現れます。ここで選んだ色は、トップメニューの文字の色に反映されます。(画像内の緑の部分)

 『ヘッダーテキストの色』の『色の選択』をクリックすると、四角いパレットが出ます。ここで選んだ色は1.『サイトの基本情報』で指定した、大看板の文字の色に反映されます。(画像内の赤の部分)


まあ色はいろいろ……。好きな色を当てればいいと思います。

3.『ヘッダーメディア』


ヘッダーメディアとは?

 ヘッダー画面に画像(動画)を設定します。

飲食店に例えると……、

大看板。(絵)

項目は3つ。


上から、

ヘッダー動画』・・・大看板に『動画』を指定します。

ヘッダー画像』・・・大看板に『絵』を指定します。

現在のヘッダー』・・・今現在、表示されている絵を表示してます。


ここで面白いのがその下の……、

『アップロード済の画像をランダム表示』

ですね。

何が面白いかって?

  ここに複数枚の絵を指定すると、それを『ランダムに表示』してくれるのです。

     たとえば、

私はここに、『ネコがいる絵』と、『ネコがいない絵』を指定してるんです。

窓辺に注目してください。

ほらね!アクセスするたびに、ネコがいたり、いなかったりするんです。

楽しいでしょ?

4.『メニュー』


メニューとは?

これはそのままメニューですね。

飲食店に例えると……、

お品書き。(グランドメニュー)

項目は2つ。

『メニュー』をクリックすると、『トップメニュー』と『ソーシャルリンクメニュー』2つのメニューが現れます。

トップメニュー

 トップメニューは上の画像の赤で表示している部分です。


『トップメニュー』・・・訪れた人がまず目にするのがこのメニュー。サイト内の情報が一堂に見渡せるようになってます。


『トップメニュー』をクリックするとこんな編集画面が出ます。

トップメニュー編集画面

 ご覧の様に(上図 コレ。)メニューの項目は『入れ子状態』に設定できます。

 飲食店に例えると……、

『和食』を選ぶと、その中で『肉・魚』を選べ、さらになら『豚・鶏・牛』なら『白身・赤身』と細かく選べるようになってます。

やり方は簡単、メニューから入れ子にしたい項目をドラッグ&ドロップするだけ。


『ソーシャルサイトメニュー』・・・facebooktwitterなどのSNSや、外部サイトリンクします

飲食店に例えると……、

系列店一覧、とか、クーポン券が使用できるお店の紹介。


『ソーシャルリンクメニュー』をクリックすると、こんな編集画面が出ます。

ソーシャルリンクメニュー編集画面

ソーシャルサイトメニューは画像の緑で示した部分です。

画面の一番下まで移動すると、すでにFacebookとInstagramのアイコンがありますね。(コレ。)

項目 を増やしたい時は『項目を追加』を押して……、


開いたメニューの項目から、随意のモノを選びます。(コレ2。)

TwitterInstagram『カスタムリンク』として既に登録されているので、クリックしてアドレス欄に自分の随意のアドレスを入れればリンクが完成します。

   『カスタムリンク』とは?

『ソーシャルリンクメニュー』では『カスタムリンク』『固定ページ』『投稿』『カテゴリー』『タグ』『フォーマット』など、必要に応じて設定できますが、あまりゴチャゴチャしない様に私は、トップメニューには内部のリンクソーシャルリンクメニューには外部のリンクを張るようにしています。


5.『ウィジェット』


ウィジェットとは?

常に表示される情報案内します。

飲食店に例えると……、

『時計』『定休日のお知らせ』『非常口』『お手洗い』『お会計』などの案内。

項目は3つ。


 『ウィジェット』をクリックするとこんな画面が出ます。

ウィジェット編集画面

『ブログサイドバー』『フッダー1』『フッダー2』と縦に3つ並んでいます。(コレ。)

まず初めに、『ブログサイドバー』をクリックするとこんな画面が出ます。

ブログサイドバー設定画面

 私はここに『自己紹介』『カレンダー』と『カテゴリー検索』を追加してみました。項目の追加は『+』の枠をクリックして、好きな項目を選ぶだけ。『自己紹介』という項目はないので、自分で新規画像に、見出しや段落を使って入力してください。


↓サイトにはこんな感じで反映されます。↓


サイト画面

 ここでの設定は、『投稿ページ』のどのページでも常に表示される事になります。

つまり、

お客さんが店のどの場所にいても常に目に留まる情報

という訳です。


『フッダー1』『フッダー2』

 常にサイトの表示されている『ブログサイドバー』と同じように常に表示されているにもかかわらず、サイトの一番下、つまり足元、『足⇒フット』に表示される『フッダー1』『フッダー2』はあまりインパクトがないようです。しかし大企業のサイトは大概ここに会社概要や、最新記事や、サイトマップ、FAQプライバシーポリシーなどを大切な情報を表示しているものです。


飲食店に例えると、

 入り口がどんなに綺麗でも、裏口に回れは残飯や段ボールの空き箱が溢れてて、野良犬が鶏ガラを咥えて唸っているような店はあまり印象がよくありません。裏口もちゃんと綺麗にした方がお店の印象が良くなります。

 『フッダー1』と『フッダー2』に設定すれば、どんな感じにサイト画面に反映されるのかだけ、私のアイコンでお知らせしておきます。


『フッダー1』『フッダー2』表示画面

 


6.『ホームページ設定』


ホームページ設定とは?

サイトのコンセプトの基本的な分別を設定します。

飲食店に例えると、

『店内・持ち帰り』など、それぞれのニーズに合わせた受け渡し窓口を区分。


『ホームページ設定』をクリックするとこんな画面が出ます。



 これはこの章の冒頭に書いた、

『宴会が入ったらパッとパーティションが外せて、子供連れが来たら、サッと分煙できる』

 という例えに通じる部分です。まずは、左の『ホームページ表示』の下の『最新の投稿』『固定ページ』の2つのボタンを見てください。(上図 ココ。)

これは、

 この選択一つで、店内の様子をガラリと、ワンタッチで変えてしまえる凄い機能でもあります。

飲食店に例えると、

「あ!団体さん!」 となると大広間に、「あ!バギーママ軍団!」となると、『オムツ替えルーム』と店内のレイアウトを変幻自在にメタモルフォーゼ《変身》できる革新機能。


『最新の投稿』か『固定ページ』か。


『最新の投稿』を選択すると、トップ画面には常に最新の投稿が最優先で表示されるようになります。これは、きっとseo対策にもいいと思います。動きがあって情報がジャンジャン更新されるサイトは、クローラさんも嫌いじゃないはず。

『最新の投稿』の編集画面

 しかし反面、ちょっとした、ほんのどうでもいいような情報でも、アップするたびにトップ画面に表示されてしまうというわずらわしさもあります。


飲食店に例えると

先週の『汁なし担々麵』美味かったのに、今週のメニューにもう載ってないんだよなぁ。仕方がない、ちょっと違うんだけど、今週の『ゴマみそ冷やし中華』で我慢しとくか……。

となりかねません。

その点、


『固定ページ』を選択すると、トップページには常に同じ画面が表示されてサイトの見た目を保つことが出来、看板的効果があり、訪れた人の記憶には残りやすいです。

『固定ページ』の編集画面

 しかし反面、『最新投稿』に比べてサイトの動きは鈍く静的になります。

飲食店に例えると

いやーいつ食っても美味いなぁ。でもちょっとバリエーションがないんだよなぁ……。あまり変わらないと飽きちゃうんだよ。ほら、客だって知った顔ばっかりになってきたじゃん。

となりかねません。

どっちが正解かは、あなた次第。


『ホームページ』と『投稿ページ』にはそれぞれ2つの固定ページを設定することが出来ます。『ホームページ』を選択すると、そこで選んだ固定ページが常にトップ画面に表示され、『投稿ページ』で選択した固定ページには、投稿した記事が新しい順に表示されます。


7.『テーマ設定』


テーマ設定とは?

 固定ページのレイアウトを分割します。

飲食店に例えると、

 客席を『喫煙・禁煙』トイレを『男子トイレ・女子トイレ』など、完全に分割する形で間仕切り、客の動きをスムーズに制御するための設定。


テーマ設定の画面

 テーマ設定の画面には合計4つののセクションがあります。ここに『固定ページ』を設定する事で連続して表示される設定ですね。最近はスマホでのアクセスが9割近い状況にあって、『縦スク』(縦スクロール)設定は必須なのかもしれません。(実際、携帯漫画も『縦スク』のモノが増えてますしね。)


そしてその上の小さなボタン。(上図、コレ。)


『1カラム』『2カラム』

これは、

画面を1枚で使うか、2分割して使うか、

という設定です。

『カラム』とは画面の分割の事を言います。『2カラム』なら2分割。『3カラム』なら3分割。ここで『2カラム』を選択すると、左側には、『ページのタイトル』が表示され、ページの内容は右側に表示されるようになります。


1カラム設定

2カラム設定

飲食店に例えると……、

 突然、2組の団体の予約が入った!1組は『絶対喫煙のサラリーマン集団』、もう1組は『絶対禁煙の子連れママ軍団』。 これは完全に分けなければいけない。トイレも、いっそ入口も分けてしまおう!そこで入口をパーティションで区切って(2カラム) 一方に、『サラリーマン様』もう一方に『ママさん様』案内(ページタイトル)書いて、メニューもサラリーマンの方は『飲み放題付き』、ママさんの方は『ケーキ食べ放題付き』。しかしそれ以外のメニュー(四つのセクション)は同じでお願いします!

と言った感じでしょうか。これはあくまでも使用方法、使用目的によって都合がいい方を選ぶためなので、何が何でも両方使いこなす、なんて変な力を入れなくても、あ、こう分けたら、面白いかも!と何か閃いた時に使えば全然かまいませんよ。


8.『追加CSS』


追加CSSとは?

 お店(サイト)の繊細な部分に変更を加える項目です。

飲食店に例えると、

 壁にちょっとだけ穴をあけてドリンク受け渡し窓』を作ってみました。

のような感じ……。


CSSとは『カスケーディング スタイル シート』の略で、ザックリ言うとサイトの装飾など、HTML言語では賄いきれない細かい設定をするための機能です。


 『あ、テーブルのこんなところに、傘を掛ける窪みがある!』

って感じの

より細やかな顧客対応、とでも言いますか……。


追加CSS編集画面

 しかしご覧の通り、『追加CSS』の編集画面は、今までで見てきたどの編集画面よりも面倒くさそうな、シリアスな顔つきをしておりますが……、

 実際そうなんです。

 本来、親テーマのCSSファイルに直接データを追加したり書き換えたりして新しい仕様に作り替えるのですが、これは下手をすると元に戻せなくなる危険をはらんでいるいるんです。

 初めに例えた、『壁にちょっとだけ穴を開けて、ドリンクの受け渡し窓を作ってみました。』にしても、あまり不用意に壁に穴をあけてしまうと強度が落ちて、店が傾いててしまう危険性も、まあ、無きにしもあらず……。

 ですから、別に必要がないという人は触らないのが無難です……。


追加CSSのやり方。

追加CSSの編集画面。

 まずはどのページに、どんな編集を加えたいか、そこを絞らなければいけません。それには編集したいページごとの『ID』をまず初めに記入する必要があります。

『ID』!

 でたでた!『ID』。こういうの出てくるとやめたくなる。確かに。

でもやり方さえわかれば大したことはありません。

ページごとの『ID』の調べ方。


 ページごとの『ID』を調べるにはまず、ダッシュボードから、投稿『投稿一覧』固定ページ『固定ページ一覧』を開いて、変更を施したいページにカーソルを持っていきます。

すると、画面の左下に小さな窓が開き、そこに『https:/〇〇〇(サイトのアドレス)/wp-admin/post.php?post=○○○○(数字)』と表示が出ると思います。(上図 ココ。)

この、

post=あとの○○○○(数字)が、そのページの『ID』になります。

試しに私のページの『CATS ROAM THE WORLD』のフォントを変えてみます。


追加CSS編集画面

この画面の左側に、CSSのコードを書き込むわけです。今のフォントはゴシック体。それを、明朝体に変えてみます。


わかりますか? この『追加CSS』のいいところは、書き加えた瞬間にその変化が確認できるところです。ここで『追加CSS』に書き込んだコードは、


.post-●●●●(ページID)

{font-family:serif;

}

これだけです。意味は、

『.post-●●●●というページの、文字の種類(font-family)を、明朝体(serif)に変更する』

というモノです。


CSSに関しては

CSSとは?

で説明します。



 最後に『プチ耳寄り情報』ですが……、

 画面の中にある、青い丸い鉛筆のマークをクリックしてもそれぞれの編集画面に入れます。

『スグアプ』の機能を停止(限定)する方法。


《まず、使用要綱に、同意しかないのか……》


どうも、これをやらないと、にっちもさっちのいう事を訊いてくれないので、とりあえず、

『同意する』をクリック。


《設定画面を開く》


これですね。このマークをクリックして、『ドコモのサービス/クラウド』をクリック。


《スグアプ設定をクリック》


アプリ1』『アプリ2』『スグアプ動作抑止』と出てますね。 

d払い『アプリ1』がオンになっていると思いますが、それを『off』 にします。

そして、『スグアプ動作抑止』をクリックします。

『off』になっていることを確認して、『アプリを追加』をクリック。

《動作を抑止したいアプリを選択する》


よく使うアプリをすべて選択しておけば、ほぼ機能を停止した状態に出来ます。私の場合は、『マップ』を選択します。

そして、『スグアプ動作抑止』を『on』にします。


以上です。

塩ラーメン


塩ラーメン!

どんぶり2つにネギ少々で、あとはワンスップンの塩一つまみの砂糖をすみやかに用意しろ!赤い奴? いや、まだだ。

湯を同時に2つ沸かすのさ。なぜだって? 時間は無限じゃないんだぜ!
ここでスープ鍋に塩:1スップンと 砂糖1:つまみ、そして……。

味覇(ウェイパー)投入!!


そんじょそこらの旨さじゃねーぜ!(所要時間…5分)

モヤシとセロリの中華風玉子スープ


モヤシとセロリの中華風玉子スープ!


湧いたお湯にモヤシとセロリの葉っぱと、塩:1スップンと、醤油:1回し、そして……、

味覇(ウェイパー)投入!!


水溶き片栗粉でとろみをつけてから溶き卵をサッと1回し、そして1回だけ軽く混ぜる。

胡椒を掛けて、完成だ。(所要時間・・・5分)

子テーマの作り方。


《子テーマ・・・お父さんにそっくりなのに、とっても美人な女の子、みたいな……。》


子テーマとは?

同じテーマを長く使用していると、我々には直接関係がなくても、構造上、或いは防犯上の様々な機能を維持し充実させるためのアップデートが欠かせなくなってきます。しかしその際に、これまで苦労してカスタマイズした部分まで一新されてしまう事があるのです。

『え!あのテーブル、まだ使ってたんですか?古くなってたから捨てちゃいましたよ!』

なんて事になっても後の祭り。思い出のテーブルは戻りません。そんな事故を防ぐためには、今の店の状態のデータ(設計図や写真)を、別の場所に保管して、復元できるようにしておく必要があるんですね。その『設計図・写真』と、それを格納する引き出しの事を『子テーマ』というのです。


 さて『子テーマ』を作るにはまず、2つのファイルと、それを格納する1つのフォルダを作る必要があります。

1.テンプレートファイル(functions.php)

2.スタイルシート(style.css)


★頭がクラクラする前に宣言しときますが……★

『ファイル』なんてモノは一律に、コンピューターのために書かれたモノであって、我々が読める必要は少しもないんです。だから……、

丸写ししましょう!

 文章作成アプリを開いて、以下の文字列をそのままコピー&ペーストしましょう。


《functions.php》


<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
    );
}

《style.css》


/*
Theme Name:★-child
Template:○
Version:●
*/

*style.css はちょこっと、書き換える必要があります*


この、『★』『○』『●』のところに、

★・・・フォルダの名前

○・・・使用している親テーマの名前

●・・・使用してる親テーマのバージョン

を書き入れてください。


あ!フォルダーまだ作ってなかった!

急遽、作りましょう!

 フォルダー作りは簡単。パソコンの画面のどこでも、空きスペース(壁紙のところ)右クリックしてください。『新規作成(x)』にカーソルを持ってくと、『フォルダ』って出ますよね。そこを左クリックすると、画面上に『新しいフォルダ』が作成されます。

 フォルダの名前は、一般的には、『(親テーマ)-(child)』とするらしいです。

私なら、『twentyseventeen-child』 となりますね。

でも私はなぜか『hiza-tre.child』にしてますね。何でか知らんけど……。

今回は、

★フォルダの名前・・・twentyseventeen-child

○親テーマの名前・・・twentyseventeen

●親テーマのバージョン・・・5.4

とします。テーマのバージョンは、『設定』→『テーマエディター』で確認する事が出来ます。


 ウィンドウズについている『メモ帳』だと文字化けする場合があるという情報がありましたので、もしそれ以外の文章作成ソフトをお持ちなら、そちらでコピ&ペーストした方がいいかもしれません。

 《文章作成ソフト(無料)》


have a break

『ファとフォの違いを5秒で解説!』

ファイルは書類、フォルダは入れ物!

《閑話休題


 さあ、『functions.php』『style.css』の2つのファイルが出来ました。名前はそのまんまそれぞれ『functions.php』『style.css』がわかり易くていいと思います。さて、じゃあこの2つのファイルを入れたフォルダ『twentyseventeen-child』を、いったいどうすれば、『子テーマ』として立派に就役をさせることが出来るのでしょうか。

まずは『twentyseventeen-child』フォルダを圧縮します。圧縮?

圧縮する方法はこれもまた簡単。『twentyseventeen-child』フォルダを右クリックすると『送る』という項目があります。そこにカーソルを持っていくとさらに『圧縮(zip形式)フォルダ』というのがありますからそこを左クリックしてください。すると、ファイルは見事、圧縮されるわけです。何でか知らんけど……。

そしてダッシュボードから『外観』『テーマ』『新規テーマを追加』をクリックすると……、

さらに、『テーマのアップロード』をクリックすると……、

さらにさらに『ファイルを選択』で、さっきの圧縮した『twentyseventeen-child』を選択すると……

そして最後に、『ファイルを選択』『twentyseventeen-child』フォルダの圧縮された方(後ろにzipと入っている方)のファイルを選択して 『今すぐインストール』をクリックします。

これでミッション終了!『テーマ』に戻ると、ちゃんと『twentyseventeen-child』のフォルダが、子テーマとして(登録)されているのがわかりますね。最後に画面赤矢印の『有効化』をクリックします。

これで『twentyseventeen-child』フォルダは見事、『子テーマ』として登録されました!

あっけないでしょ?

鶏肉と長ネギの甘辛焼き


★おかずレシピ★

鶏肉と長ネギの甘辛焼き

《難易度・1》

<材料>

  • 鶏もも肉・・・250g
  • 鶏むね肉・・・250g
  • 長ネギ・・・1/2本
  • 酒・塩・胡椒(ザコシショウ)・・・少々。
  • <合わせ調味料(分量割合)>
  • 醤油・・・2
  • みりん・・・2
  • 砂糖・・・2
  • めんつゆ・・・1

鶏肉を 酒・塩・胡椒(ザコシショウ)して、お好きなように、お好きな大きさに、お好きな形に、斬る!

斬ったら、焼く!(もし皮が付いてたら皮から焼くと、いい感じに油が出ます。

合わせ調味料を、合わせます。割合だけ合わせてください。量は適当……。

むね肉の両面が白く焼けたら、合わせ調味料を投入!

焼けた合わせ調味料がねちゃっとしてきたら、長ネギ投入!

長ネギがしんなりしてきたら、皿に盛って完成!

残りモノと残り野菜のカレー風炒め。


★おかずレシピ★

残りモノと残り野菜のカレー風味炒め。

《難易度・・・3》

<材料>

  • 合い挽き肉・・・250g
  • 厚揚げ・・・1パック
  • ジャガイモ・・・小ぶりなら2個
  • 《以下は、残り野菜》
  • 玉ねぎ・・・半分
  • トマト・・・半分
  • ピーマン・・・2個
  • ショウガ・・・少々
  • 《調味料》
  • 酒・塩・胡椒(ザコシショウ)・・・適量
  • めんつゆ(三倍濃縮タイプ)・・・大匙2
  • 塩・・・少々
  • 醤油・・・少々
  • カレーパウダー・・・大匙1

ジャガイモの皮を剥いて芽を取って、五ミリぐらいの厚さにスライスして軽く塩と胡椒をしてから弱火でチョイ焦げまで焼きます。

その間に、厚揚げを一センチの厚さに、トマトは櫛切りにしてさらに半分。玉ねぎは5ミリ角ぐらいに切る。(写ってないけど、ピーマンも)

合い挽き肉に酒・塩・胡椒(ザコシショウ)をして、玉ねぎとショウガの千切りをザックリ合わせます。(あまり細かく混ぜないように、挽肉の塊が残るぐらいにザックリと)混ぜたら焼きます。

挽き肉に半分火が入ったら、まずはさっきの厚揚げを合わせます。

ここで、めんつゆを入れます。(大匙2)とか言いながら瓶から直で入れてます。適当……。

はじめに焼いたジャガイモとトマトを入れます。

トマトが溶けて全体に水っぽくなったら、ピーマンを入れます。

注・・・ピーマンは後入れにしないと変な色になります。

軽くなじませたところで、カレーパウダーを入れます。

量は……、カレーの香りを感じて、それっぽく色が付けばいいじゃないですかね。中途半端ですね。

全体にカレーをなじませたら、最後の仕上げに、を足します。(味が足りないと思います。そういう時は、醤油やめんつゆじゃなくて塩。でも少しずつ、少しずつ……)

お皿に盛り付ければ完成。

豚バラ肉と野菜の中華風うま煮


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0001_BURST20200724191125004_COVER-1024x576.jpg

豚バラ肉と野菜の中華風うま煮

《難易度・・・3》

<材料>

  • 豚バラ肉・・・200g
  • キャベツ・・・葉っぱ五枚
  • エリンギ・・・三本
  • 玉ねぎ・・・半分
  • 人参・・・100g
  • ピーマン・・・三個
  • 大根・・・輪切りで1.5センチ
  • 《アンの素》
  • 塩・・・1円玉ぐらい
  • 醤油・・・大匙1
  • 水溶き片栗粉・・・100㏄/大匙2~3
  • めんつゆ(三倍濃縮タイプ)・・・大匙1
  • 《調味料》
  • ガラスープの素・・・500円玉ぐらい
  • 胡椒・・・少々
  • ショウガ・・・少々

先に野菜を適当な大きさに、(大根と人参は3ミリぐらいの銀杏切りで)切ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0001_BURST20200724184907069_COVER-1024x576.jpg

続いて豚バラ肉を適当な大きさに切ってから、毎度の下味、酒・コショウ・塩(ザコシショウ)します。ショウガはお好みで、私は必ず、します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0832-1024x576.jpg

アンの素を作ります。まず100㏄の水にまず、片栗粉(大匙2)醤油(大匙1)を入れます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0840-1024x576.jpg

めんつゆも入れます。(大匙1)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0842-1024x576.jpg

塩も入れます。(一円玉ぐらい)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0843-1024x576.jpg

先に火の通りの悪い、根っこモノ2点(ニンジン、大根)を軽くシリシリ炒めておきましょう。(弱火)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0002_BURST20200724185105092-1024x576.jpg

根っこ2点にあらかた火が入ったら、豚バラ肉を入れます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0833-1024x576.jpg

そして肉にあらかた火が入ったらここで、ガラスープの素を投入。(500円玉ぐらい)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0834-1024x576.jpg

ガラスープの素をなじませたら続いて、野菜軍団投入!わしゃわしゃ炒めます。(強火)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0835-1024x576.jpg

野菜がしんなりしたらアンの素を投入!片栗粉が沈んでないか、入れる直前にもう一度混ぜてください。そして全体を混ぜながら回すように全体に掛けてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0001_BURST20200724190623669_COVER-1024x576.jpg

片栗粉がダマにならないように、しっかり全体に絡めたら、最後にごま油を1回しして、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0845-1024x576.jpg

皿に盛って、完成。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0001_BURST20200724191125004_COVER-1-1024x576.jpg

豚肉のキムチ炒め


豚肉のキムチ炒め

《難易度・1》

<材料>

  • 豚バラ肉・・・200g
  • キムチ・・・1パック
  • 玉ねぎ・・・一個
  • ニラ・・・一束
  • ショウガ・・・少々
  • 酒・塩・胡椒(ザコシショウ)・・少々
  • めんつゆ(三倍濃縮タイプ)・・・大さじ1.5
  • ごま油・・・少々

玉ねぎを薄切り(3ミリぐらい)にします。

ニラを五センチぐらいに切ります。

タマネギとザコシショウしたバラ肉を合わせたら、フライパンに油を敷いて炒めます。

あらかた火が入ったら、めんつゆを入れます。(大匙1ぐらい)

キムチを入れます。

よく混ぜ炒めして、ニラを入れます。

ニラが少ししんなりしたら、ごま油を入れます。

皿に盛って完成。 

パラパラチャーハン


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0808-1024x576.jpg

パラパラチャーハン(1人前)

《難易度・・・3》

<材料>

  • ご飯・・・一杯分
  • 卵・・・一個
  • 長ネギ・・・三センチ
  • ソーセージ・・・二本
  • 《調味料》
  • 塩・・・少々
  • ガラスープの素・・・少々
  • 醤油・・・少々

どんぶりに盛ったご飯に、刻んだ長ネギと卵を入れザックリ混ぜます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0799-1024x576.jpg
DSC_0799.JPG

フライパンに油(大匙一)を敷いて熱してから、ソーセージを一センチぐらいに切って軽く焦げ目がつくまで焼きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0800-1024x576.jpg

ご飯を入れます。(強火)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0802-1024x576.jpg
DSC_0802.JPG

ご飯の塊を崩しながらこそぐ! 崩してこそぐ! これ、パラパラの極意なり!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0804-1024x576.jpg
DSC_0804.JPG

ガラスープの素を入れます。(五百円玉ぐらい)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0805-1024x576.jpg
DSC_0805.JPG

味を見て塩を入れます(ちょっとずつ……)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0806-1024x576.jpg
DSC_0806.JPG

最後に、香りつけの醤油をフライパンに垂らします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0807-1024x576.jpg
DSC_0807.JPG

一旦どんぶりに戻して、皿に返せば出来上がり。(ちょっとズレた!)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0808-1-1024x576.jpg
DSC_0808.JPG